ふたたびカマキリの卵鞘のお話 About the mantis egg sheath again.

0

    JUGEMテーマ:ファンタジー

     

    やあ、みんな元気かい?

    もう一度カマキリの卵鞘(らんしょう)のお話だよ。

    ムシの苦手な人ごめんね。

    ろこおばちゃんの山小屋の梅の木でカマキリの卵鞘をみつけたよ。

    二階のベランダに届きそうなところで、地面から3メートルくらいありそうだったよ。

    去年の秋、ヒノキの高い枝にカマキリがいるのを見つけて、不思議に思っていたんだ。

     

    地面では、フキノトウが花になっていたよ。

    1月に山小屋に行ったとき、たくさんのフキノトウが出ていたけど、ろこおばあちゃんは収穫しなかったんだ。

    はなちゃんやたろくんが食べないからだって。ちょっと苦いもんね。ぼくも苦手だよ。

     

    コガネモチの木の根っこではヒガンバナの葉っぱが伸びていたよ。

    ヒガンバナは、秋の花の時季には全く葉っぱがないよね。

    これまで、ぼくは、ヒガンバナは葉っぱのない植物だと思っていたよ。

    だけど、ちゃんと、冬の間に葉っぱを伸ばして、栄養をたくわえていたんだね。

     

    今年は紅梅と白梅が同時に咲いていたよ。

    いつもは2月に紅梅が咲いて、2,3週間遅れて白梅が咲くのに、今年はいっしょに咲いたよ。

    近所の梅林や農家の庭でも、赤と白が入り混じって、きれいだったよ。

     

    もうすぐ春だね。

     

    じゃあね。さようなら。

     

    Hello everyone!

    In late February, I found a mantis egg sheath on a branch about three meters above the ground.

     

    The butterbur scapes had become flowers on the ground.

     

    And the amaryllidaceae leaves were growing in the winter sunshine.

    I was surprised that amaryllidaceaes had leaves!

     

    See you.

    March 3, 2020. 

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    スポンサーサイト

    0
      • 2020.05.30 Saturday
      • -
      • 15:16
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         

      PR

      calendar

      S M T W T F S
       123456
      78910111213
      14151617181920
      21222324252627
      282930    
      << June 2020 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM